Episode 19      ハ〜イ、深呼吸!

   

”後ろ髪引かれるぅ〜”と、大変ご好評いただいておりますPodioストリート用ブレーキパッド。 

これに加え、制動屋さんとのコラボレーションにより、また新たなストリート用ブレーキパッドを上市いたしました。 ヨーロッパのスポーツカーのブレーキ特性をS2000に与える事を念頭に開発した、従来のPodioパッドに対し、今回のパッド開発にあたっては、あらゆる状況下におけるコントロール性に焦点を当てました。 つまり、初期制動の立ち上がりを抑えながら、踏力に比例して制動力が立ち上がるパッド特性とし、且つ、コントロール範囲を可能な限り広く取ること、を目標としました。 その結果、ヒール&トゥを行う種々の速度域で初期制動をコントロールしつつシフトダウンすることの楽しさを感じていただけます。 もちろん、制動能力及び対温度特性などは、従来品パッドと同様、過酷なテストを経て最終仕様を決定しています。 今回の、新パッド導入を機に、Podioでは3種類のパッドに、新たにネーミングを与えました。
1.Podio Break Pads : Euro Type-A(従来品)

ヨーロッパのスポーツ車のフィールを実現。 しっかりとした踏み応えと、初期制動の高さを発揮し、ハイスピードからの制動に於いても市街地での減速と同様、高い減速力が得られます。 明らかに少ない踏力で十分な制動力を得られながら、強い制動領域での微調整が容易で、引きずりが有りません。 温度に係らず、"鳴き”は殆どありません。 ストリート、ワインディング、そしてサンデーサーキットでの使用においても、”後ろから引っ張られるような”素晴らしい制動力で、ドライバーの信頼に応えます。 (ノンアスベスト系、0 - 700℃ 対応)
2.Podio Break Pads : Euro Racing(従来品のサーキットバージョン)

Euro Type-A のサーキットバージョンです。 基本的な性能はそのままに、900℃までの温度特性をもち、サーキットに於ける過酷な使用に、ゆるぎない信頼性で応えます。 街中での使用では"鳴き”があります。( 0 - 900℃ 対応)
3.Podio Break Pads : P551 Type-B(制動屋さんとのコラボ開発品)

初期制動の立ち上がりを、Euro Type-A よりマイルド且つ十分なものとし、踏力に比例した制動力の立ち上がりを実現。 ペダルストロークの中間から奥のリリース感を向上させており、温まってからのコントロール性を重視、ブレーキロックを起こしにくくしました。 今回の開発にあたり、リアの制動力の立ち上がり及び制動力そのものを高めることにより、よりブレーキング時のノーズダイブを防ぎフラットな制動姿勢を実現しました。 コーナー進入前のブレーキングでの安定した姿勢を感じて頂けます。 ディスクローターへの攻撃性が低く、ダストも Euro Type-A より少なくなっています。 踏力に比例した頼もしい制動力を発揮します。 (カーボンセミメタル系、0 - 800℃ 対応)

Episode Indexへ
Copyright (c) 2003-2004 Podio, All rights reserved.